フォト

モナリザはEMELONが運営しています

twitter

サトナカ

2016年12月14日 (水)

サトナカ 年内の配送受付を終了しました

EMELONウェブショップでのご注文について、年内の配送を13日で締め切りました。

サトナカに関しては、こちらの店舗で販売をしておりますので、お近くの方はそちらでお買い求めいただければと思います。
なお、13日以降にご注文いただいた分に関しては、年明け、1月12日以降の発送となります。よろしくお願いいたします。

2015年10月27日 (火)

オーブンが壊れました

サトナカを焼いているオーブンが壊れました。

Pc241241

このオーブン、中古で購入したのが2010年。
それから5年、2回目の基盤交換です。

トホホ。

でも、このタイプのオーブンが一番サトナカを沢山焼けるんですね。
数量的にも大きさ的にも一番使いやすい。

でも基盤って高額なんですよね。
うう…
10万は行かないけど…みたいな。
ぐぐ…

すみません、そんなことで。

…次の記事に続く。

2015年10月 7日 (水)

ネットの通販におけるサトナカの配送状況について

本日、突如として「ササササササササササ中」(サトナカ)がネットのニュースで話題になったとのことで、急に注文殺到で大変驚いております。しかし、個々の注文が大量でないので、なんとか来週中にはお届けできそうです。お急ぎの方はすみません。何卒よろしくお願いいたします。

FBには、サトナカとEMELON、両方のページがありますが、サトナカよりもEMELONのページの方が更新が頻繁です。最新の情報はtwitterも早いです。突然の休業などもございますので、ご都合のよいページをフォローなどしていただけますと、ありがたいです。

FBのEMELONページ
https://www.facebook.com/EMELON-399403266782892/timeline/

twitter
https://twitter.com/emelonise

サトナカは、2008年より販売を始め、2009からはFAXによる通信販売も始めました。
最初はモナリザの店先で三枚に重ねたクッキーを包んでいたくらい、のんびりしたものでした。
その後、朝熊に工房を作り、現在は3人で午前はクッキーを焼き、午後は包んでいます。
そして、木曜日にはべーぐるを焼きます。

1日の生産量は限られています。
こうやって、時々、ひょんなところで紹介されることで、細々ながら続けることができています。
ありがたいことだなぁ、と思います。

1525010_440192006108063_786687366_n

2015年8月28日 (金)

お結びが舞川さんと...

モデルの舞川あいくさんが自身のサイトで定期的に甘い物を紹介していらっしゃいます。彼女は本格的な写真活動もされていらっしゃるとのことで、人物の写真展などもされていたりと、こんなにかわいいのに案外硬派な面をお持ちです。

そんな舞川さんが、サトナカお結びを紹介してくださいました!

20150828_010547

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

20150828_005316

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

普段はよそ行きのお結びも、舞川さんとこんなかわいいコラボになっているではありませんか!キラキラじゃありませんか!

嬉しゅうございます。ありがとうございます。
そうか〜。こうやって写ればかわいくなるのか、と、ちょっと練習して真似してみよう。うん。あと、こちらのまとめサイトでは舞川さんのネイルも紹介されているのですが、すごく品がよくてキレイです。こちらもぜひチェックですよ〜。

2015年7月29日 (水)

サトナカ贈答用始めました

サトナカに熨斗を付けて贈答用にする、ということを前からしていましたが
この度、贈答用のページを作りました。

サトナカ・伊勢うどん「熨斗付き」 ”贈り物・ギフトセット用”

熨斗の種類は(御礼、御祝、内祝、御供 寿)の5種類プラス、季節の熨斗(御中元、御歳暮、御年賀)です。お名前必要な場合は「名入れあり」でご注文いただき、特記事項欄にお名前をご記入下さい。内祝などでお子様の名前を入れる場合などはそのようになさってくださいませ。

ギフト販売のリンベルさんでもお取り扱い始まっています。そちらの熨斗は普通の市販されている掛け熨斗です。うちのは伊勢和紙を使った短冊になります。

Noshi1_big
リンベルさんはこのタイプの普通熨斗。

Dscn8894
EMELONウェブショップでご注文の場合はこういう形になります。 
※実際の熨斗短冊の色は「とりのこ」という生成りっぽ色になります。
また、今までは熨斗は無料でしたが、今回より、通常より20円プラスになっております。
何卒よろしくお願いいたします。

2015年2月 7日 (土)

聖バレンタインデー

来週土曜日はバレンタインです。
チョコの代わりにサトナカを贈ってみてはいかがでしょうか。

Unnamed

2015年1月31日 (土)

サトナカ各一を期間限定で

モナリザの店頭でのみ販売されているサトナカ各一(300円)。

1909903_719094971480385_85170920308
で、ございますが。

こちらは普段はオンラインで販売されていません。
と、言うのも、わざわざ伊勢まで来て下さった方が

「伊勢に行ってきたよ~」

という証にと思って、そのようにしています。

その各一ですが、今回バレンタインからホワイトデイの期間、オンラインで販売を行います。
期間は1月30日~3月13日まで。
03img_7317_1000px
赤い帯でおしゃれしてみました。
贈り物仕様です。普段は帯なしです。

ちょっと豪華にしたい場合は、モナリザの他のものと組み合わせてはいかがでしょうか。
例えば…
P1313041

各一とマグカップ(1620円)とサンパチ珈琲焙煎所のドリップバッグ(180円)のセット。
こちらはドリップバッグ×5個で2820円です。ドリップバッグ1つだと2100円になります。

P1313043

同じ柄の御酒さん(酒粕スコーン 540円)のセットも面白いです。
こちらは2340円になります。

P1313045

ピンクのマグもかわいいですねー。
今度はサトナカお結び(1458円)とセットにしてみました。3258円です。

そんなことで、贈り物にいろいろ組み合わせてご利用ください。

2014年11月18日 (火)

サトナカの「はね」

「羽根」ではありません。
「撥ね」という漢字を使うみたいですね。

サトナカを作っていると、

「商品にするにはちょっと…」

というのが出ます。
特に今の季節は大量に作るので、普段よりも沢山「はね」がでます。

焼いたときに表面がふくらんだり、薄すぎたり、反対に厚みがありすぎたり。
焼きムラ、欠け、小さな異物が付いていることもまれにあります。

生地を伸ばしながら、型で抜きながら、焼く前に、焼きあがってから、包む前に。
それぞれ目視で検品します。
でもね、やっているうちにだんだん基準が分からなくなってきたりするんです。

「これって「はね」?それともOK?」
で、悩んだらとりあえず「はね」にする、と。

一番「はね」の多いのは「酒」どうしても焼きムラが出がちです。
一番少ないのは「昆布」焼く量が少ないからですね。

これで味見をしたりするんですが、昆布が「はね」で出ると嬉しい。昆布好きなんで。
嬉しいって、喜んでたらアカンので内緒ですが。
うちのスタッフが「昆布のはねだけいつもなくなっている…なんでや…」と、思っているかも知れないので、まんべんなく食べてますが。(って、結局たくさん食べてるやないかー)

いや、味見です。ほんとに。必要なんですから。

Pb182752

2013年7月 3日 (水)

サトナカのお中元はじめます

いつもありがとうございます。裏方営業担当のゆきです。

昨年、お歳暮でのご注文が多かったので、お中元でご用命があるかも!
と、思い、サトナカのお中元版です。

●サトナカ【別品】 3360円
●サトナカズ【2段】 5250円

7月31日までに、この2種類をコチラのページからご注文いただきますと送料が500円となります。(スミマセンが沖縄と北海道は除きます)
複数への送付も可能でございます。

なお、生産数が限られていますのでご希望の配送日にお応えできない場合もございます。
分からない点などありましたらいつでもご連絡ください。
0596-22-7600(モナリザ)


Block4

●オマケ画像

サトナカ製造で活躍している機械たち。(機械というレベルかどうか…)

・冬場、粉を温めるためのおしぼりウォーマー(工房のある伊勢市朝熊町は寒いことで有名)
・バターとやわらかくするための電子レンジ
・生地をこねるためのミキサー

これに加えてオーブンがサトナカ製造で使う機械類。ほかは全部手作業です。

2012_05_19_eps_098_sm


「抜き」の作業。厚みに気を使います。
528847_405988932759358_399410185_n_
 

2013年2月12日 (火)

サトナカズ

サトナカのすべての味を集めた「サトナカズ」を店頭にて販売致します。

塩、米、酒、昆布、黒糖 各6枚合計30枚入り 2625円(税込み)
※(遷宮記念の付録として「塩」をお付けしています。)

1

Img_1573

■付録の塩について
伊勢の二見という地区で作られている「岩戸の塩」で、原料は二見の海水のみ、
にがりを取り除かずに作られたまさに「海の粉末」です。
原料となる海水は二見の神前海岸で地下水の涌く場所、
つまり通常よりも海水の薄い場所で満潮時を選んで汲み上げています。
つまり、「山の木々や土を通り抜けた恵みを受けた水」+「海水」を煮詰めて作ったもので
伊勢の土地を丸ごと結晶にしたものと言えるでしょう。
この「岩戸の塩」はサトナカ全商品に使われています。

どうぞよろしくお願い致します!!