フォト

モナリザはEMELONが運営しています

twitter

モナリザの日常

2017年6月24日 (土)

モナリザでは時々ラスクも販売しています

こんにちは。
モナリザでは時々、 ベーグルラスク も販売しています。

Img_0829
ベーグルラスク \350
 この商品は残ったベーグルをラスクに加工して作っていますので、
 ベーグルの残りが出なかった場合などは販売されません。だから「時々」です。

 ベーグルラスクは木曜日限定ではありませんので、
 週末でもお買い求めいただける場合があります。

 350円と他の商品と比べて少し安めになっておりますので、
 帰りの電車で食べるなりホテルで食べるなりどうぞご自由に。

2017年3月 1日 (水)

飲食店をはじめる時に気をつけるちょっとしたこと

私は今まで飲食店を3軒やってきまして。

それで、全部閉めたのですが、

お店の片付けって、

すっごい大変なんですよ。

まず、食器だけでも、20人前とかありますしね。全部の種類がよ。
キッチンの什器も、

製氷機
シンク×3
食器洗浄機
業務用冷蔵庫 4ドア
コールドテーブル(上で作業できるやつ)

鍋やフライパンも沢山ありますよね。

調理器具も沢山ですよね。
こういった専門の道具って、買うとすごい高いんですよ。
特に、ステンレスの調理器具、ボールやバット、ざるなんか、ちょっとしたものでも簡単に4,5千円しますし、
全部新品で買ってたら、すごい金額になっちゃう。
飲食店っていうのは、結構新規開業が多くて、
地元でも次に誰かがお店をオープンさせるらしい。
という噂はすぐに出てきますので、そういう人に声をかけて直接買ってもらったりします。
中古ということで、リスクはあるのですが、
やっぱり安いほうがいいですもんね。

こちらも少しはお金になるので、双方が助かる。というわけです。

それでも、やっぱり古くて人に引き取ってもらうにも難がある場合は処分します。
この処分もバカになりません。
なにしろ、重い。
それからですね。

これは、これから飲食店をする人に声を大にして言いたいのですが。


必ず後で出すことも考えたレイアウトにすべし!!!



です。


うちの冷蔵庫なんか、階段あがったところの廊下の奥にすっぽり入ってましたからね。
珠家なんか、冷蔵庫入れた後に壁作ってましたからね。

ホント、これ、やめたほうがいいですよ。

29358163494_b51f49808f_m

この様にすっぽりと。
冷凍部分が壊れたので、扉を外してありますが、だからと言って使いみちがないのが冷蔵庫。
飲食店をしてない人には無用の長物です。

それを知人に頼んで出していただきました。2016年の1月でしたねー。

Img_0416

Img_0417

Img_0429

腕っぷしの強い友人に頼んで処分してもらいました。もちろん、プロの業者さんですよー。
こういう業務用のものはなかなか市とかでは引き取ってもらえません。
ありがとうございました!!

兎に角、お店を始める時はそのことに夢中になってしまうし、まさか店をやめることを考慮して始めたりしないので、結構やっちゃうんですよね。

まあ、結婚するときも離婚するなんて考えませんからね。
でも、店をやめないにしても、もし続けていれば、機械の故障もありますからね。
そういう時の買い替え。ってのもありますので、ホント、設置して壁作るとか、カウンター作るとか、出せなくしちゃうのは避けましょう。

以上、お店を始める時に気をつけるちょっとしたことでした。

2016年1月30日 (土)

モナリザ改修 -1-

昨年の8月でカフェ営業を終了しましたが、厨房設備はそのままでした。

モナリザの厨房の50%は、以前の蕎麦屋さんだった時のものを使っています。
製氷機、冷蔵庫、冷凍冷蔵庫などは、引き継いだ10年前で、既に中古。
多分、蕎麦屋さんも中古で購入しているのです。

と、言うことは、世の中に中古厨房市場では、もう古いすぎて流通しないのです。
業務用の冷蔵庫って、重いんです。何百キロってあるでしょ。

しかも、ものすごく狭い場所に押し込めてあるのです。
多分ね、冷蔵庫入れてから、壁やカウンターを作ってるんです。

そういうの、飲食店ではよくあることなんです。
まあ、最初お店する時は、それらを出す時が来る。
なんて思ってないんです。
ちなみに、前にやってたお店「珠家」もそうでした。冷蔵庫入れてから、壁作ってありました。もう出す時は、壁壊さないと無理。
この冷蔵庫、4枚扉があって、そのうちひとつは冷凍庫だったのですが、2年くらい前に壊れて、冷蔵庫だけとして使っていました。もうその時から

(うわぁ…これ、処分どうしよう)

と、思っていました。もうだって、入れたら絶対に出せないように入れてあるんですもの。

でも、まあ、出せないし、鶏ガラスープもスープポットに入れて大量に仕舞えるし、やっぱりあると便利なので、そのまま使っていました。

Img_0092

こんな感じで、冷凍庫だったところは物置きに…
上の機械が丸見えなのは、放熱がうまく行かないので、カバーが外してあるんですね。
色々とガタが来ているのです。
でも、カフェ営業をやめると、そんなに冷蔵庫に入れるものはありません。
せいぜいまかないの野菜やお肉くらい。

しかも、サトナカの配送作業は、奥の部屋でしているものですから、お客さんがお店に来てくれた時は、お店に誰もいない。という状況で、「チリリ~ン」と、ドアのベルが鳴ったら、慌てて作業を中断して店に出てくる。という感じ。

お客さんも「あれ?だーれもいないな」と、思ってたら、奥から人が出てきてビックリ!という感じです。

そんな感じで半年ほど過ぎました。でも、冷蔵庫や製氷機、食器洗浄機など、使っていないものが場所を占拠している状況が、どうにも我慢できなくなってきました。もちろん、使っていた時は、なくてはならないものばかり。
でも、状況が変わると、やっぱり環境も変えなくては具合が悪いのです。

そこで、思い切って、すべて処分することにしたのでした。

P3143435

2015年8月27日 (木)

夏の終わり

朝晩涼しくなって、あのキョーレツな夏もいつしか終わろうとしていますね。
モナリザパークでもプールの撤収をいたしました。

Dcf00536

おとなりの「月の魚」のマスミくんが片付けてくれています。
アウトドア好きなら分かると思いますが。こういうのって、ホント、片付けの時が一番肝心なんですよ。

ちゃんと乾かして、適切に保存

というのはアウトドア用品の鉄則です。そうしないと、翌年出した時にカビが生えていたり、予期せぬ破れがあったりするのです。そうなったら悲惨です。いきなりやる気をくじかれます。ここ、テストに出ますんで。ハイ。

マスミくんはアウトドア好きで、そういうことをキッチリする人なので、毎年快適にプールで遊べたり、アウトドアに出かけたりできるんでございますよ。

Dcf00537


2015年8月 3日 (月)

鳥の巣箱

この夏、仕事以外でしたことと言えば…

鳥の巣箱作り~!(ドラえもん風に)

Dcf00375

伊勢市、朝熊町にあるサン・アリーナで開催された地元住民のための鳥の巣箱作りに参加してきたのです。絆の森へ行くのは車を止めてから更に15分くらい歩かなくてはなりません。結構遠い。

Dcf00373

ちなみに、その日、伊勢のサン・アリーナでは関ジャニ∞のお祭りが行われておりました。

Dcf00403_2

早朝から女子が大勢長蛇の列。
しかし、そのアリーナの奥にある「絆の森」では親子が金槌とのこぎりを手にせっせと鳥ちゃんのための巣箱を作っておりました。

Dcf00393_2

私以外は全員親子で参加なのですが、私はひとりで参加です。
ひとりで参加してでも巣箱が作りたかった。という意気込みを感じていただけましたでしょうか。

Dcf00380

あらかじめ用意された木の板をのこぎりで切って…

Dcf00386

釘で止める。という簡単な作り方。
にも関わらず…

Dcf00378

こ~んなに鳥さんが卵を産みに来るんだって!わーい!

Dcf00377

こんな海苔のプラスチック容器を利用した巣箱でもOKだそうです。
満面の笑みで鳥の巣箱作りにいそしむ私。

11844158_691717514293315_139817131_

Dcf00407

モナリザに設置してみました。

Dcf00408

ヤマガラやシジュウカラが来るそうです。
来るといいな~。

2015年7月25日 (土)

梅干しとおっっさん

やっと晴れたと思ったら、めちゃめちゃ暑いですね。
梅干しやっと干せましたー。

サンサンと光を浴びておいしくなれよー。

Dcf00346_2

そして、モナリザ夏の風物詩。

おっさんプールも発動です。

Dcf00366

Dcf00372

この夏も、モナリザにお越しの際、運がよければ好むと好まざるとに関わらずおっさんの水浴びを見ることができます。

Dcf00370

あー、気持ちいいなー。




2015年7月16日 (木)

ちょこっとご飯でまかない

モナリザではジャスミンライスを使っていますが、これがちょっとだけ残るときがあります。そんな時はちょこっとご飯に野菜入りのスープをかけたり、ぎゅうとらで買ってきた総菜をトッピングしたまかないを作ります。ささやかな楽しみのひとつ。

Dcf00243

Dcf00233

2015年7月11日 (土)

ちいさいヤツ

朝ドーナッツを挙げる時、ちょっとだけ生地が余ることがあります。そんなときは小さな小さなドーナッツを作ります。一番最初にドーナッツを買いに来てくれた人にオマケで差し上げたりします。これは自分で食べましたけど。へへ。

Dcf00231

2015年7月10日 (金)

雨ばかりで喜んでいるのは…

7月に入ってから毎日雨です。
畑のプチトマトも、もうすぐチキンライスで使えると思っているのにまだ緑色のまま。
6月終わりに実を付けて、まだ緑なんですよ~。オイオイ。
そして、こんな天気でも大喜びなのが…

Dcf00228

この方たち。そう、苔です。
Dcf00227
ホント、元気そうに輝いてます。
Dcf00205
黒豆たちも水浸しです。そろそろ畑に定植ですね。雨があがったら作業です。
あー、早く晴れないかなぁ。

2015年2月 1日 (日)

鍋つかみ

よくラジオを聞きます。

20150201_153959

で、この「かれんスタイル」というのは桐島かれんさんと、暮らしの手帖編集長の松浦弥太郎さんが毎週木曜にNHKでやっている番組で、結構好きでよく聞いております。
毎回色んなテーマがあるのですが、先週は

「ずっと愛用しているもの」

でした。そこで、私の愛用しているものを考えてみました。

それがコレです

P2013051

私が飲食の仕事を始めた時、カフェでした。1996年です。
その時に取引をしていた名古屋酪農(めいらく)さんからもらったタオル。

鍋つかみとして使っています。気づいたら18年間使ってました。すごい丈夫でしょ?
最初はタオル一枚分を使ってたんですが、一部焦がしてしまい、半分に切りました。
もうね、ジェーンの毛布状態です。

350_ehon_605
このタオルで中華鍋を掴んで振ります。
滑らないし、ベストな掴み心地。コレじゃないとダメです。他のでやったことあるけど、このちょうどいいクタリ具合じゃないと手首に余計な負担がかかって痛くなっちゃうんですよね。

色んな愛用の品があると思いますが、「よし、これを愛用の品にするぞ!」というのではなく、きっとそういうのって「気づいたら愛用の品になっていた」という場合が多いのではないでしょうか。